歯並びが原因の疾患を防ぐにはインプラント治療を検討

インプラント治療は、チタンでできた人工歯根を顎骨に埋め込み、元からある自然の歯とほとんど変わらない見た目とかみ合わせを実現できる治療法のことです。
抜けた歯があった場所をそのまま放置してしまうと、その両サイドの歯が倒れてきて抜けてしまったり、かみ合っていたもう一方の歯もどんどん伸びて抜けてしまうため、歯並びが悪くなり、顔の骨格が歪んでしまうこともあり、さらにそれが原因による顎関節症、肩や首のコリにつながってしまう可能性があります。
そのため、手術を1回法、もしくは2回法で行い、手術に恐怖心のある方は笑気麻酔を利用して実施し、最終的に歯科技工士が作った仮歯でかみ合わせなどを調節していきます。
それをもとにセラミック製の人工歯を仕上げることで、違和感のない歯で食事する喜びを取り戻すことや、歯並びによる疾患を防ぐ一つの改善策になります。
また、治療には様々な種類があります。
人工歯根を埋め込むための骨幅が小さい場合には、骨誘導再生法やサイトダイレーティング、スプリットクレストなどが用いられ、短期的に集中して治療を勧めたい方は抜歯即日スピードインプラント、テンポラリーインプラントがおすすめです。
手術時に事故を起こさないように、CTによる撮影診断を事前に実施することで、自身に最も適した治療法を選ぶことが出来ます。
http://www.k-central.jp/fee/implant/implantfee.html