映画のWebデザイナーは残業が多いって本当?

映画のWebデザイナーはかなり忙しくて残業が多いという噂があります。
しかし、それは基本的に間違いであることを金澤幸緒さんが話しています。
残業がまったくないわけではありません。
基本的に残業が多い企業というのは、それだけクライアントから安定した仕事が供給されているからなので過剰な残業でなければ嘆く必要はないそうです。
基本的に残業がないということは、それだけ仕事がないということです。

企業によっては残業がないからと言って仕事が少ないというわけではありません。
チームワークがとれていて、個々の能力が高いなら仕事量が多くても残業にならないからです。
基本的に残業になるのは不測のトラブルが起こった場合、なんらかの変更があった時などのようです。
過剰な残業でなければ、特に問題視する必要はないようです。

基本的に完全週休2日体制の会社がほとんどです。
そのため、残業があったとしてもあまり多くならない程度でしょう。
他にも夏季休暇などの長期連休の時に有給休暇を積極的に取れる体制になっているところが多いです。
急迫した何かが起こらない限り、急ぎの残業が入ることはあまりないようです。
そのため、残業に関してはあまり深く考えなくてもいいのではないでしょうか。